2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お葬式は忙しい  その3
2011/08/07(Sun)
前々回 → 「お葬式は忙しい その1」
前回  → 「お葬式は忙しい その2」


お葬式の話しの続き、最終回です。


仮通夜の部屋で、
私と父(前回のブログで私の両親来たと書きましたが、間違いで父のみでした)
と、母の妹夫婦の前に現れた葬儀屋さんは
オードリーの若林くんを可愛くした感じのお兄ちゃん。
彼が今回の葬儀を取り仕切ってくれるそう。


若くて、カワイイお兄ちゃん。
ちょっと~嬉しいじゃない~。
ねぇ、ヒーバー♪


若林くんに、こちらの希望の葬儀を伝えます。
「家族葬でお願いします」 と。


95才のヒーバー。
近所付き合いも、ここ十年以上無く。
(友達も死に絶えて…は、定かではない)
ヒーバーの姉も妹も既に他界。
デイケアも利用していないし。
何と言ってもお金がない。
と言った理由で。


ところがね、「家族葬」をするって、
事前にある程度の「覚悟」と、
ヒーバーが生前に得る「親戚の理解」が必要なのよね。

こちらの想像以上に、
集まっちゃうのよ(-_-;)。



ヒーバーは母方の祖母で。
母は、妹と2人姉妹。
私は3姉妹で、母の妹は息子が1人。
これだけで、十分「家族葬」なのよね。
(これでも多いらしい)



なんだかんだで定員オーバー(;´Д`A ```

通夜や葬式はそれでもいいのだけれど、
おとぎや、通夜後の食事なんかがね。

いや、通夜や葬式も、少し混乱したかな。
家族葬だから「受付」がなくて。



定員オーバーをカバーしたのは、
若林くん。
彼は、カワイイだけではなかった。
低予算だけはビシッと押さえ、
私達と、集まった人達のフォローをしてくれました。
いい人~(T∇T)


若林くんの頑張りで、
葬式スケジュールは進んで行きます。


お葬式では、
母(ボケている)が喪服ではなく、黒のTシャツ+素足で参加も、
誰もたいして気にする様子もなく、

葬儀屋さんから紹介して貰ったお坊さんに書いてもらった、
位牌の字が汚く、その上、戒名の読み方を誰も知らなくても
(次の日、お寺にお布施を持って行ったのですが、元から字が上手では
 なかったみたいで、初めて会ったから適当に書いた訳ではない事が判明。
 ホッとしました。ちなみにお布施は15万円。破格値だそうです。そうなの?)
誰も気にする様子もなく。


ヒーバーが生前、自分のお葬式の時に流して欲しいと言っていた
民謡テープ(ヒーバーが歌っている)をかけて、

同じく生前、棺桶に入れて欲しいと言っていた
父親(ヒーバーの)の写真やらと
唯一の男の孫が買ってきてくれた
お土産を棺に入れて、花に包まれ骨になりました。


95才とは思えない、20才は若い骨の状態だったそうです。
さすがだね、ヒーバー。


これで無事、葬儀+火葬、終了~ε-(´ー`*) 。




MVPをあげたい若林くん。
彼のおかげで、仮通夜、通夜、葬式を乗り切った感じだもの。
しかも、低低低予算はキープ☆

私はこのお礼を何かしたくて、
互助会に入ることに(〃∇〃)ヾ
父も既に入っているのだけど、さらに追加して入るらしい。

若林くん、意外とやり手なのかも。


ところがね、若林くんの名前で入るには、
葬儀後、3ヶ月待たなければならないらしいの。
若林くんは営業ではないから、「荒らし行為」になってしまうそうで。


ええ、ええ、待ちますとも3ヶ月。


3ヶ月後、再会を約束して、
私達はヒーバーの骨を抱え、家に帰りました。


現在、お礼状、お返しをほぼ済ませ、
やっと落ち着いた感じです。

ヒーバーの部屋の片付けが残っていますが
特に何も出てきそうにないし(〃∇〃)ヾ

捨てるばかりになりそうですね。


もし、面白い物が出てきたら
また書きます。


スポンサーサイト
この記事のURL | 介護の話し | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。